親の離婚と3度の離婚・再婚を経験した離婚弁護士が思う離婚と再婚

April 19, 2019

 

 

離婚、について

私の思うところ、考え

を書きますね

 

 

もちろん、

これは私の考え、思うところ、であり

このブログを読んでくださった方の中には

違う意見や考えをお持ちの方も当然いらっしゃると思います

 

 

それは、ご自身が離婚の経験をしているかどうか

また、自分から離婚を言い出したり考えているのか

相手から言われてしまったのか

両親が離婚しているのか

などの経験によって

異なると思います

 

 

奇しくも

私は

すべての経験をさせていただきました

 

 

 

両親が離婚していますので

子どものときは

当然

親に離婚してほしくありませんでしたし

仲の良い夫婦に憧れました

 

 

 

だからこそ

自分が結婚したときは

もちろん

離婚したくない

と思いましたし

 

 

まさか

自分も離婚するとは思いませんでした

 

 

でも

どうすることもできませんでした

 

 

どうしたら

この閉塞感、人生が先に進まない

全く楽しめない

という状況を打破できるのか、と

 

 

ひとまず

離婚しよう

彼との関係を変えてみよう

漠然と

「離婚すれば何かが変わる」

と短絡的に考えていました

 

 

違う相手となら

違う相手と結婚したのなら

幸せになれるのかも?

 

 

そんなふうにも思っていました

 

 

今思うと

ほんと、なんて短絡的(^_^;)

 

 

もちろん

離婚したからって何も変わりません

違う相手となら

うまくいくはずもありません

 

 

自分が変わっていないのですから

 

 

自分の人生がうまくいかない理由や原因を

夫との関係になすりつけていました

 

 

こういう人と結婚をしたら

幸せになれるはず!

 

 

子どもに恵まれたら

幸せになれるはず!

 

 

こんな家に住んだら

幸せになれるはず!

 

 

って

 

 

 

 

 

でも

幸せにはなれませんでした

 

 

まあ、当然っちゃあ当然なんですが

その頃の私は

本気で

 

 

何かをすれば

何かを変えれば

幸せになれるはず

 

 

って

思っていたんですね

 

 

 

でも

3回チャレンジして

3回目はもがきにもがいたけど

ダメだった

 

 

そのとき

藁をもすがる気持ちで始めた

心理学などの心の勉強が

今の私の基礎となっています

 

 

 

私と同じく

離婚を考える人は

考えざるを得ない人は

 

 

もちろん

できれば離婚なんてしたくはありません

 

 

最初から

離婚するつもりで

結婚する人はいません

 

 

その人のことが大好きで

幸せいっぱいで

 

 

この幸せがずっと続きますように、って

結婚します

 

 

 

でも、人間です

未熟です

 

 

そんなに最初から

完璧にはできません

 

 

最初から

成功はしません

 

 

失敗して

傷ついて

相手も傷つけて

 

 

それでも

一生懸命考えて

苦しんで

もがいて

がんばって

努力して

 

 

そうして

仕方なく

離婚になるのです

 

 

もちろん

落胆します

 

 

失敗体験に

つながります

 

 

自分のことを責めてしまったり

許せなかったり

 

 

だから

また恋をすることにためらったり

躊躇したり

怖くなったり

自分に禁止したり

 

 

子どものことを考えて

再婚はしなかったり

 

 

 

でも

もういいんじゃない?

十分苦しんだよ

 

 

もう、自分を許しても

人からも自分からも

許されるよ

 

 

そうなったとき

ようやく

次の恋愛、恋、本当のパートナー探しに

行きつけるんです

 

 

 

だから

離婚と再婚は

悪いものではありません

 

 

 

とても苦しく、深い、壮大な

人生の大きな課題、宿題です

 

 

その人に与えられた

 

 

そこから何を得るのか

何を学ぶのか

どう、変わるのか

 

 

もちろん

変わらない人もいます

 

 

単なる

被害にあった

と思う人もいるでしょう

 

 

 

その深い意味に

気づけない人もいます

 

 

 

でも、それで

いいんです

 

 

 

それも、それ

 

 

 

すべては

正しい道につながっている

のだそうですよ(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

​特集記事
Please reload

最新記事