自分を犠牲にしてまで夫に尽くしてしまっていませんか?自己犠牲をやめましょう

March 25, 2019

 

 

こんにちは

円満離婚弁護士の原口未緒です

 

 

ずいぶん久しぶりの

ブログの更新となります

 

 

メルマガは

毎週発行していますので

もし興味のある方は

どうぞメルマガも登録してくださいね😄

 

 

さて

久しぶりに

こっち、ブログのほうで

書きたいと思ったこと

 

 

それは

2度目の経験となる

紛議調停での「気づき」です

 

 

紛議調停、とは

弁護士会が行なっている

弁護士と依頼者さんたちとの

いわゆる揉め事を

仲裁するところです

 

 

まあ、一般の企業で言えば

カスタマーセンター、苦情処理係

のようなものになるのでしょうね😅

 

 

 

要は私は

2回も(だけ?)

苦情を言われている、ということなのです🤣🤣

 

 

最初は

なんでこんなこと言われるんかなぁ…

 

 

って

もちろん

完全「被害者」です、私も

 

 

正確に言うと

「被害者でした」

が正確です

 

 

その

気づき、で

 

 

あ、私

被害者じゃないんだ

 

 

自分発信なんだ

 

 

気づけた訳なんです

 

 

自己啓発とかスピリチュアルとか

少しでもかじったことのある人なら

しょっちゅう、お決まりのように聞くフレーズ

 

 

源は自分

自分が創造主

すべては自分が創り出している

自分の内側が外側に表現される

思考は現実になる

 

 

ほんと

そのとおり!

 

 

なんですよね

 

 

 

私、今日の

紛議調停の相手方の

元依頼者さんは

 

 

ちょっとやりづらい方だな

と思っていたのです

 

 

コミュニケーションがとりづらくて😅

 

 

ほとんど

あまり

おしゃべりをしない方なので

何をどのように考えているのかが

本当にわかりづらくて

 

 

でも

それだけだったら

今の現実はできませんでした

 

 

加えて

決定的となったのが

 

 

法的措置のオンパレード

 

 

これは

大変だぁああ

 

 

と思いました

 

 

保全、差押え、その他諸々

 

 

私はカウンセリングを得意としている反面

ガチガチの法的措置は苦手としています

 

 

それに今は

事務員もおらず

完全に1人で仕事をしているので

事務処理能力もありません

 

 

だから

いわゆる

事務処理的な仕事は苦手としているのです

 

 

そこに来て

事務処理オンパレード😅

 

 

うわぁ、

こりゃ大変だ

 

やりたくないなぁ

 

 

内心、私はそう思ったのは事実です

 

 

でも

ご依頼をお受けしている以上

そんなことは言えない

 

 

ということで

仕方ないなぁ

よっしゃ、やるか!

 

 

と思っていたところへ

元依頼者さんから

別の事務処理の依頼が。。。

 

 

しかも

このお客様

弁護士報酬を完全後払い制にしていました

 

 

最近では

もう完全後払いは

もうしなくなったのですが

1年前くらいまでは

財産分与などが見込めるお客さんには

そうしていたのですね

 

 

なぜか

最近は

もう、そうするの

やめよう

と思って

やめていたところ

 

 

偶然、このお客様が

最後のお客様

 

 

完全成功報酬制をうたった法律事務所さんは

他にも、もちろんあって

 

 

今日も

なんというシンクロか

電話に出るなり

「そちらの事務所は完全成功報酬制ですか?」

と聞かれる電話がかかってきました😅

 

 

 

そんなわけで

今日のお客さんに限っては

お仕事に着手する際に

着手金をいただいていなかったのです

 

 

もちろん

すでに

仕事に着手しているわけですが

 

 

その状態で

さらに

私としては

面倒くさい

お仕事オンパレードをすることになる

 

 

そこへ更に

実費のかかる事務処理の依頼…

 

 

そこで

思わず

「それならお金ちょうだいよ

(もちろん、もっと丁寧な言い方ですよ😅)」

と言ってしまったわけです 

 

 

しかし

お客さんは

どうやら

その実費のことだと思った様子

 

 

反面

私は

後払いのうちの

一部でも先払いしてよ

という意味

 

 

で、食い違っていたようなんですね😅

 

 

で、結果としては

私はお仕事を降りさせてもらうことができたわけなんですが

(これも、結果としては意図通り、ですよね)

 

 

 

このような行き違いが生じたワケ

 

 

それは

私が

私の内心をちゃんと話していなかったから

 

 

そらに

今日

調停委員の先生がいった

何気ない一言で

ふと

気づくことができました

 

 

そうだ

きちんと

説明をしていなかった

 

 

私の意図、考えていること、思いを

正直に話せなかった

 

 

このまま

お金をいただかないままで

このお仕事を続けることは

不安です

 

 

だから

やっぱり

先払いにしてください、って

 

 

それも

当初

「後払いでいいですよ」

と私が言っていたのを

 

 

依頼者さんのほうが

「先に払ってもいいですよ」

 

と言ってくださったのに

そのときにお願いします、と言わなかった

 

 

なんか

ええかっこしい、だったんですかね

 

 

「いいですよ、いつでも」

なんて言って

自分からは

請求しなかった

 

 

それで

「え〜ここまでやるのに

タダ働き〜?!

(当然後でもらうわけだけど

でもそれが果てしなくいつかわからないから

実感がない)」

 

 

となってから

「やっぱ払ってください!」

 

 

となった😅

 

 

それだったら

はじめから

いただいておけばいいのに〜〜

 

 

だから

自己犠牲

過剰貢献

他社奉仕

無理がくるんだってば〜〜〜😫

 

 

 

と、

ついこの間も

新しいお客様に

言っていたばかり😅

 

 

ほんと

世の中は写し鏡

 

 

クライアントは鏡

 

 

パートナーは鏡

 

 

ですね

 

 

つい先日言っていたことが

私自身にも当てはまるなんて〜〜😱

 

 

 

ってことで

私も

 

自己犠牲

遠慮

いい人ぶる

 

やめることにします😁✌️