弁護士が決めるのではない。進む道は自分で、自分発信で決める。

December 26, 2018

 

 

おはようございます

今朝の青山墓地の空です😃

 

 

今朝も

我が息子は

大泣きで大騒ぎで

保育園へ登園しました😅

 

 

6日ぶりの保育園となるので

余計

行きたくないのでしょうね😅😅

 

 

2才児は大変です

 

 

保育園からの帰りに

青山墓地の紅葉や青空に癒やされ

墓地の空きスペースで

グラウディングの呼吸をし

(ちょこっとだけですよ)

 

 

参拝の方がいらっしゃったので

ちょっと恥ずかしくなって

やめました笑

 

 

グラウディングの呼吸は

一見すると

太極拳や

ラジオ体操の深呼吸のようなものです

 

 

ノウイングスクールで

習えます

 

 

そんなに怪しくはないですが

ちょっと

気になってしまったので😅

 

 

 

 

 

 

家に帰ると

ここ数日

メールで頻繁に

ご連絡をとっている

ご相談者さんから

メールがきました

 

 

「気持ちを全部ぶつけたいから

訴訟にします」

 

 

 

訴訟にするかどうか

ここ数日

迷いに迷っていらっしゃった方です

 

 

 

私は別に

急ぐことはないのだから

調停の日程を延ばしてもらって

ゆっくり考えたらどうですか??

 

 

調停委員さんも

次回までに考えたいと言ったら

もう1期日入れてくれますよ?

 

 

と言ったのですが

「なにか」

彼女の中であったのでしょうね

 

 

おそらく

突き動かす

「なにか」

 

 

だから

時折くるメールは

気が動転している

としか私には思えないような

 

 

情報の錯綜状態😅

 

 

え?

なにがどうなっているの???

 

 

ええ???

 

 

といろんな情報が飛び交います

 

 

まったく

私はついていけませんでした😅

 

 

 

それでも

なぜか

きちんと

その方なりに

結論がお出になったようです

 

 

 

不思議なもんですね、ホント

 

 

こうして

ストンと落ちるときが

ふと

やってくるんですよ

 

 

 

決めなきゃ!こうしなきゃ!

って思っているときは

なかなか出てこなくて

 

 

それで

ようやく

ご自分の気持ちに

気づけたようです

 

 

 

現代は

情報社会です

 

 

そして

価値観も本当に多様になりました

 

 

以前は一億総中流社会

なんて言われたように

日本人は

いわゆるレールで引かれたような

みんな同じ人生

同じ幸せ

みたいな感じでした

 

 

それが

カスタマイズできるようになって

レールから外れたって

全然走れるようになって

 

 

 

そういう人がどんどん、どんどん

増えてきて

 

 

どうしたっていいんですよ〜〜〜

 

 

ありの〜ままに〜〜〜♪

 

 

 

なんてことも

私もしょっちゅう言っていますが笑

 

 

 

だからこそ

自分がどうしたいのか

どうしたらいいのか

 

 

わからなくなってしまう方が

多いです

 

 

 

これまでは

答えがあったから

教科書があったから

 

 

 

でも

人生には教科書はありません

画一化された

みんなと同じ

正解、答えはありません

 

 

その答えでなければならないということも

ありません

 

 

 

ある人にとっては

それが答えでも

 

ある人にとっては

答えではない

 

 

ある人にとっては

それが最善でも

 

ある人にとっては

それは最悪であったりする

 

 

 

本当に

価値が多様化していて

それを自由に

最大限に発揮して

求めていい

 

 

社会、時代になりました

 

 

だからこそ

戸惑ってしまうのだと思います

 

 

◯◯さんはこう言ったけど

△△さんはこうしたほうがいいって言う

 

 

 

これは弁護士だって同じです

この弁護士はこう言ったけれど

この弁護士はこう言う

 

 

 

結局

最終的に

決めるのは

 

どの選択肢

どの結論

どのアドバイスを採用するのか

どの道を進むのか

 

 

を決めるのはあなたです

 

 

もちろん

その進んだ先に

結果の保証はありません

 

 

 

私は以前

アカシックリーダーさんに

 

「どうして

あなたはいつも人に遠慮してしまうか、わかる?」

 

と聞かれ

 

「それは

あなたが自分で自分の人生に責任をとりたくないからよ」

 

とズバッと言われたことに

とても衝撃を受けました

 

 

 

確かに!!!

 

 

だれかが勧める道をいって

うまくいかなかったら

その人のせいにできる!!!

 

 

別のもっと

当たりそうな占い師さんや

すごそうなスピリチュアルリーダーに聞いたら

きっと

適切な答えが得られるはず!!!

 

 

なんて

スピリチュアル講座みたいなものを

私も受けまくった時代がありましたが😅

 

 

 

結局は

自分の世界をつくっているのは

自分

 

 

全部、自分なんです

 

 

 

だから

外側に現れている世界が

どうしてこうなっているのか

 

 

ということは

=自分の内側を知る

ということ

 

 

 

例えば

自己卑下、自己肯定感が低い人であれば

自分が人から低く見られる、低く扱われるような

現実、人間関係が

出来上がってきてしまいます

 

 

いわゆる

引き寄せ、です

 

 

だから

「あの人が悪い」

「あの人がこうしてくれなかったから

私は不幸になった」

 

 

ではなく

 

 

どうして

自分がこんなことにしてしまったのだろう?

 

どうして

自分で自分の人生をこんなことにしてしまっているのだろう???

 

 

 

という

それこそ自分発信の思想で考えていったほうが

 

 

よほど

とても楽ですよ😊

 

 

 

 

 

Please reload

​特集記事