バツ3離婚弁護士の私が4度目の結婚は事実婚を選択した理由

December 25, 2018

こんにちは

円満離婚弁護士の原口未緒です😊

 

 

今日はクリスマスですね

 

 

クリスマスの朝から

我が家には

なんと6人のメディアの方がいらして

大忙しで

先程撮影が終わりました😅

 

 

ゆきちも

ダンナさん(みたいな人)

も疲れて

今はぐったりお昼寝です

 

 

今日は

最近多い

事実婚についての取材でした

 

 

少し前に

はあちゅうさんというブロガーさん?

しみけんさんというAV男優さんと

事実婚をされたとかで

 

 

最近事実婚がクローズアップされているようですね😃

 

 

それで

3回の離婚歴がありながら

現在は

事実婚で

一児の母で

家庭を築いている私のところへ

取材にいらっしゃいました

 

 

 

 

 

 

もともと

私は

今のダンナさん(みたいな人(笑))

と一緒になる前から

 

 

「つぎに

また結婚するようなことがあったときには

籍を入れない事実婚のスタイルにしたい

 

 

それは

私みたいな立場、経歴の人が

あえて籍を入れない

法律婚をしない

ということで

なにか

世間の人たちに対して

警鐘を鳴らすことができるのではないか」

 

 

そう思ったからなのです

 

 

そう思った理由は

不倫の相談を聞いていて

 

 

私の両親は

父の女性関係が直接のきっかけとなり

離婚をしました

(しかし

今にして思えば

父が女性関係に至る

もともとの夫婦の亀裂のようなものは

もっと前から入っていました)

 

 

母は毎日のように

私に

父の不倫の泣き言を言いました😅

 

 

その中で

母の泣き言を聞きながら

子どもながらに思ったのは

 

 

「先に出会って

結婚をしていることが

どうしてそんなにエライわけ?????」

 

 

でした😅

 

 

母はしきりに

「私のほうが先に結婚しているのに」

(正確ではないが

そんなような趣旨のこと)

 

を連呼していました

 

 

「なんで

先に出会って

結婚していることが

そんなにエライんだろう???

 

 

たまたま

先に出会っただけなんじゃないの?

 

 

先に

後から出会ったほうの人と知り合っていたら

そっちの人と一緒になっていたんじゃないの?

 

 

そっちのほうの人のほうが

お父さんは好きなんじゃないの?

(だから離婚したいんでしょ?)」

 

 

というのが

子ども(と言っても当時すでに14〜20歳でしたが)

ながらの

私の率直な感想でした

 

 

母は

いまだに

父が再婚した女性に

父を取られたことを

根に持っているようです

 

 

でも

父が

そちらの女性を選んだわけだし

結局は

 

 

それって

要は

お母さんがお父さんにフラれた、って

それだけのことでしょ??

 

 

付き合っているときなら

こういうやり取りは

アリなのに

 

 

なんで結婚していると

そんなに悪いことになるんだろう???

 

 

 

 

 

その疑問は

弁護士になって

女性弁護士として

離婚の相談を多く聞くようになってからも続きました

 

 

「どうしてみんな

そんな

結婚していることを

水戸黄門の印籠のように

言うのだろう・・・」

 

 

と😅

 

 

 

結婚で

一番重要なのは

信頼関係であり

絆です

 

 

私はそう思います

 

 

結婚したことや

婚姻届を出していること

戸籍上の妻であること

夫婦であること

 

 

 

そんなカタチだけではないはずです

 

 

 

今にして思えば

私の両親は

すでに父の女性関係が発覚した当時には

完全にいわゆるカタチだけの仮面夫婦でした

 

 

それも

私たち姉弟のため

家庭を維持してくれたのだと

今にして思えば

よくわかります

 

 

ちなみに

そのお蔭で

私たち姉弟は

何不自由なく

大学まで出させてもらい

その後

司法試験の浪人生活を

5年間続けさせてもらいました

 

 

私は

「私の分の慰謝料代わりだ」

くらいに思って😅

 

 

全く気兼ねすることなく

大学卒業後

就職することもなく

浪人生活を続けられました

(さすがに最後のほう年は

悪いと思って予備校でバイトをしていましたが・・😅)

 

 

 

 

 

それで

結婚って

夫婦って

 

 

シンプルに

絆だよな

 

 

って思ったんです

 

 

結婚してるとか

婚姻届を出しているとか

 

では

なくて

 

 

好きだから

一緒に居たいから

一緒に居る

 

 

そういうシンプルな思いが

実は私は最初の結婚ではありませんでした😅

 

 

今日の取材でも

お話したのですが

おそらく当時の私は

『結婚』がしたかったのですよね😅😅

 

 

ウェディングドレスを着て

披露宴をして

結婚しました年賀状をみんなに送って

 

 

そんなのがしたかったのだ

そんなのをしている友達たちが

羨ましかった

幸せそうだった

 

 

だから

結婚すれば

結婚式をすれば

幸せになれる

 

 

本気で当時(30歳)の私は

思っていたわけなんですね😅😅😅

 

 

 

当然

結婚式したからって

いい夫婦になるわけじゃあないですよ

 

 

結婚したからって

ラブラブになるわけじゃあないですよ

 

 

当時結婚をした芸能人の方が

「これまでの人生で一番うれしかったことは

ダンナさんと結婚をしたこと」

と嬉しそうに言っているのを見て

 

 

「あれ

私は違うな

そんなふうに思えたことない」

 

 

って思って

離婚を考え出しました

 

 

そこまで

相手のことを想っていなかったんです

 

 

そこまで

想えていなかったんです

 

 

本当に

相手の方には

悪いことをしたな

とは思いますが

 

 

だからこそ

早く相手の方にも

幸せになってほしい

 

 

私以外の人が

彼を幸せにしてくれるはず

 

 

 

そう思いました