離婚したいのならシンプルに「離婚する」とだけ思ってください

September 26, 2018

おはようございます

円満離婚弁護士の原口未緒です

 

 

昨日、ご相談にいらした方

 

 

とても

いい

 

 

まさに

本質

真髄

 

 

のことをおっしゃっていたので

シェアしたくなりました

 

 

 

先日のこと

ギックリ腰になって

整体院に行ったそうです

 

 

そこの先生が

「結局は根性論みたいな話しになっちゃいますけどね、

治りたい人は通うんですよ。」

って言ってたそうなんです

 

 

それで

ハッと

ご主人に思い当たることがあったそうなのです

 

 

そこで

なにか芋づる式に

気づいていったそうなのですね

 

 

 

とてもシンプルなことですが

結局

すべて

ここ、にいきつくんです

 

 

 

「〜〜したいと思うかどうか」

 

 

 

私のところに相談に来る人はよく

「〜〜できますか?」

と聞きます

 

 

「〜〜」

離婚だったり

親権がとれるかだったり

養育費や財産分与などのお金がとれるかだったり

します

 

 

だけど

そもそも

 

あなた自身が

 

「離婚したい」もしくは「離婚する」と思わないと

 

「親権がとれる」もしくは「親権をとる」と思わないと

 

「お金がとれる」もしくは「お金をとる」

「お金をもらって〜〜をする」「〜〜のためにこれだけのお金が必要」

とならないと

 

 

なんにも始まらないんですよ

 

 

 

よく

私はレストランのオーダーに例えていいます

 

 

レストランに入って

「オムライス食べれますか?」

と聞きます

 

 

当然

お店の人は

「食べれますよ」

と言います

 

 

でも

それだけじゃあ

オムライスは出てこないですよね^^

 

 

だから

「オムライスください」

とか

「オムライス食べます」

 

と言わないと

 

オムライスをオーダーしたことにはならないわけなんです

 

 

 

シンプルなようで

意外と

 

 

レストランやお店ではちゃんと皆さんオーダーできているのに

自分の人生のこととなると

全くオーダーのできない方が多いなぁ

 

 

得に離婚の相談を聞いていて思います

 

 

ただ

やみくもに

「離婚したい!!!!」

って言う人が多いです

 

 

それは

喧嘩して相手への腹いせだったり

腹が立ったり

復習してやろうだったりします

 

 

でもこれって

お店に入って

「なんか食べたいんです!!!!」

 

「お腹へってるんです!!バカヤローーー!!!」

 

って言っているようなもんなんです^^;

 

 

 

 

 

だから

離婚したいのなら

「離婚したいです」もしくは「離婚します」

 

親権がとりたいのなら

「親権をとります」

 

お金が必要なら

「◯◯円必要です」

ただシンプルに言えばいいと思います

 

ただシンプルに願えばいいと思います

 

ただシンプルに目標設定すればいいと思います

 

 

 

それを

いろいろな情報やいろいろな人の意見とかに流されて不安になって

「親権とれるでしょうか」

「離婚できるでしょうか」

 

と聞いて来る人が多すぎます

 

 

どんなに困難な状況であっても

無理であっても

 

欲しいものは欲しい!!!!

 

 

 

あなたは

誰かが

「無理、諦めなさい」

と言ったら

 

 

すんなり諦められるのでしょうか???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

​特集記事
Please reload

最新記事
<