離婚調停にして良かった!話し合いにならなかった夫との交渉

July 4, 2018

こんにちは

円満離婚弁護士の原口未緒です

 

 

今日は

なんと平成生まれのご夫婦の離婚

 

 

まだお二人ともとても

お若いのです(*^^*)

 

 

クライアントの奥様なんて

まるでモデルさんのように

可愛くて若い!!

 

 

でもすでに2児のママ

 

 

早くに授り婚をしたお二人は

なかなかママとパパには

なれなかったようです

 

 

調停前の

私が代理人となっての協議

 

 

全く

らちがあきまへんでした(^_^;)

 

 

 

私の印象としては

婚姻費用、養育費、慰謝料を払いたくないダンナ様

 

 

まだまだ

遊んでいたい年頃

 

 

まずは自分のことに

お金を遣いたいんだろうな

 

 

そんなふうに

受け取れました

 

 

「離婚をしたくないのなら

謝って許してもらいたいのなら

 

まずは誠意をみせたら?

 

そのためには

婚姻費用をお支払いしてみては?」

 

 

私が代理人として

お電話でお話ししたときには

なかなかスンナリとは

イエスと言ってくださらなかったダンナ様

 

 

調停委員に

 

「早く払っておかないと

どんどんたまっちゃうよ!

すでにもう申し立ての時から

2か月分たまってるから!

 

暫定的な金額でもいいから

とりあえず払ったおいたほうがいいよ!

 

それが誠意だから」

 

 

と言われ

ようやく

調停委員が

算定表から

暫定的に示した金額を

まずは振り込む、となりました(^_^;)

 

 

 

やっぱり

片方の味方の代理人よりも

中立な立場の調停委員から

言われたほうが違うんだな〜〜

 

 

調停をすることに躊躇していた奥様

 

調停委員からの

「うまくお話しがまとまるといいですね」

 

の言葉に

調停にして良かった

と思ったのではないかと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

​特集記事
Please reload

最新記事