モラハラ夫は本当に離婚をしてくれない・・!!もう苦しめないで!!

March 3, 2018

 

昨日の調停

 

大変でした・・・・😩

 

 

ダンナさまが

調停委員を介してではなく

私から直接聞きたいと・・

 

 

別に

私でお答えのできる範囲であれば

全然構いませんよ

 

 

とお受けしたのですが・・・

 

 

 

 

奥様の代理人となった当初

ダンナさまと

主にメールにてお話をさせていただきまし

 

 

その際には

私とも全く話が噛み合わず

 

(モラハラ夫さんなので・・

モラハラ夫さんは

自分が100%正しく正解

だから

なんで自分の言うことがわからないのだ

と言わんばかりに

人の話は聞かないんです・・

理解しようとはしないんです・・😩)

 

 

なので、

なんで今更?

 

私から聞きたい??

 

 

以前に

お話して

全然話噛み合わなくて

 

 

私とお話をすることを

おやめになられたのは

たしかダンナさまだったはず・・?

なのに・・?😅

 

 

と思いながら

まあ、代理人さんも付いているからいいか・・・

 

 

でも

やっぱり・・・😅😅😅

 

 

とっても疲れました。。。

 

 

3回前の調停のときに

調停委員から

ダンナさんが

どうしても奥様に来てほしい

 

 

奥様から直接聞かないと

どうしても信じられない

 

 

だって

家を出ていく直前まで普通にしていたのに・・

 

3日前には

2人で笑顔で撮影した写真もあるのに・・・・?!!

 

 

はい

それが

離婚を切々と考えて

我慢に我慢を重ねて

耐えて、耐えて

 

 

虎視眈々と

家を出ていくその日を

待ち望んでいる

奥様なんですよ・・・・

 

 

その心のうちが書かれた

大量の日記も読んでもらいましたが

それでもダメ

(ダンナさんに対して

ものすごいことばかりが書いてあるのに・・)

 

 

それで仕方なく

前々回の調停には

奥様に来ていただきました

(遠方のため

代理人のみが出席していました)

 

 

それで

調停委員や私からの説得で

なんとか奥様は

ダンナさまと調停室で同席されて

 

 

震えながら

うつむきながら

声を震わせながら

 

 

「二度と戻ることはありません

私にとっては生き地獄でした・・」

 

 

と本当に絞り出すように言って

 

 

ダンナさまも

「はい、、、わかりました」

 

 

とおっしゃっていたのに

 

 

 

なんで〜〜〜〜〜〜?!!

 

 

 

相変わらず

 

家を出ていく直前まで普通にしていたのに・・

 

3日前には

2人で笑顔で撮影した写真もあるのに・・・・?!!

 

と😅

 

 

だから、、、

 

「何度も申し上げるように

もう奥様にお気持ちは全くないのですよ

やり直すお気持ちは、、

 

戻るなんて

あり得ないです」

 

 

でも

ダンナさまは

そんなのおかしい

 

と言う

 

 

モラハラの夫さんたちは

皆さん一様に口を揃えておっしゃるんですよね

 

「おかしい」「間違っている」と

 

 

でも

どんなにおかしかろうと

間違っていようと

 

 

本人が嫌なものは嫌

それを強制しろと言うのですか?!

 

 

やり直す意思もないのに

無理やり戻させろ、というのですか?!!

 

 

このあたりの

モラハラ夫さんの理論は

いつも本当によくわかりません

 

 

感情は?

気持ちは?

 

 

奥さまにはないのですか???

 

 

結局

そんなお話を堂々めぐりで

なんども繰り返し

 

 

最終的には

女性の調停委員さんが

奥様が震えていた

ということをおっしゃってくださって

 

「私たちから見ても

無理なんだと思いましたよ」

 

と言ってくださって

終わりました

 

 

それでも・・

 

その後代理人と調停委員会だけで

お話をした際には

ダンナさまの代理人からは

 

「全く離婚する気持ちはないのです・・」

 

 

 

裁判官も

 

「もうこれは

調停を不成立にするしかないのではないですか?」

 

 

 

ダンナさまの

愛情なのか

執着なのか

体裁なのか

 

残された家の住宅ローンなのか

大学生の子どもの教育費なのか・・・・

 

 

なにが

そこまで頑なに固執をされているのかはわかりません

 

 

しかし

モラハラ夫さんの場合

本当に

離婚をしてくれない・・・・・・!!!!

 

 

Please reload

​特集記事