親権問題・子の引き渡しはとても難しい。お子さんを手放さないで!

February 13, 2018

こんばんは

ばつ3円満離婚弁護士の原口未緒です

 

ちょっと

気になっているので

ここに書いておきたいと思います

 

もし目に止まれば・・

 

 

先日のこと

事務所に1本の電話が入ってきました

 

「親権のことで相談がしたいのですが・・」

 

聞けばかなり遠方からの方

今東京にいるので

その間にご相談をしたいとの希望

 

 

「親権のこと??」

 

うちの事務所では

電話は電話代行会社にまわしています

 

そのため

基本的には

電話でのご予約は受け付けず

ホームページ上から直接予約していただくか

メールで受け付けることがほとんどです

 

 

ただ

時折、こうしてお電話の方もいらっしゃいます

 

とくに

年配の方とか

急にご相談をされたい

(例えば明日、とか)

の方は

お電話にて

ご予約をされます

 

 

そのため

この方も

電話代行会社から連絡をもらった後

直接私が折り返しました

 

 

「あの・・

親権のご相談、って・・・?」

 

 

というのは

親権で相談されるということがほとんどないからです

 

親権オンリーで相談をする

というときは

大抵

子の引き渡しを求める仮処分だとか

いわゆるお子さんの取り合いのとき

 

 

この方もそうでした

 

 

聞けば

すでに現在調停中

とのこと

 

それなのに

お子さんとは一緒に住んでいない

 

母親の場合

大抵

お子さんと一緒に住んでいることが多いので

親権はほとんど心配ないのです

 

ほとんどというか

皆無に近いですね

 

 

親権は

お子さんの立場から

お子さんのために判断がされるものなので

 

親の経済力はあまり重視されません

 

経済力があっても

親権者とならない

(これまで子供との時間をあまりもってこなかった親)

から養育費をもらえば

いいからなのだと思います

 

だから

裁判所は

経済力については

ほとんどノーマークで

 

それよりも

何よりも

これまでの養育実績を重視します

 

 

だから

今現在、お子さんと一緒に住んでいない

というのは

とても不利な状況なんです

 

 

しかも

聞けばすでに一緒に住まなくなってから

1か月も経過しているという。。

 

しかも調停中となると

今更

子の引き渡しを求める仮処分をしたところで

緊急性が認められず

裁判所が

子の引き渡しを認める可能性は

極めて小さいのです。。。

 

 

そういう状況であると

親権はほぼ絶望視です

 

 

私も過去には

何件かやったことがありますが

 

結局

子供さんを自分のもとに連れていって

現状をつくってしまったほうが

勝っているような印象をうけます

 

 

だから

まだ調停などの

法的な手続きに入る前に

 

子供さんを

自分の手元に

戻すのが

何よりも重要なんですよね

 

 

・・・このご相談者さん

 

結局、地元に戻らなければならなくなった

とのことで

ご相談はキャンセルされましたが

 

 

詳細は聞いていませんが

 

もしかしたら

このような

キツイ現実のお話を

せざるを得なかったかもしれません。。

 

 

そんなとき

私に言えることは

 

一旦家にもどって

ダンナさんのところに戻って

 

お子さんと一緒に暮らして

 

お子さんと一緒に離婚するのは

またの機会を臨んだほうがよいのではないか・・・

 

ということくらいです

 

 

そんなの

ダンナさんからしたら

欺かれることには

なってしまうのかもしれませんけどね

 

 

けれど

仕方ありません

 

 

今の片方親権での日本の法律、家庭裁判所での実例では

 

 

そういえば

夏頃

 

お子さんを連れて

家を出たけれど

ダンナさんにバレて

お子さんだけ連れ戻されてしまったという

以前のご相談者さんがいました

 

 

彼女は・・・

どうなったんだろう

 

 

大丈夫だったのかなぁ・・

 

その後、

相談のメールがこないところをみると

事なきを得たのではないかと思います

 

 

ダンナさんが

離婚をしても

お子さんとは自由に会わせる

お子さんの行き来は自由に

とおっしゃっていたらしいので

 

離婚を機に

母子が引き離されることはなかったことを祈りますが・・・

 

 

 

本当に

何例かやったことがありますが

 

離婚を機に

奥様の浮気に激怒したダンナさまが

お子さんを取り上げ

お母さんと二度と会わせなかったり

お母さんと一緒に暮らすことを阻んだり・・

 

ということがあります

 

そういうとき

私のもとに訪れた依頼者さんたちは

弁護士さんならなんとかなるはず

後で弁護士さんに頼めばなんとかしてくれるはず

 

そんな風に思って

いらっしゃいました

 

 

しかし。。。。。。。。

 

親権者の変更は

成功率0.00001%の手術くらい

難しいのです。。。。

 

 

監護権者の変更もそうです。。。。

 

 

また、子の引き渡しも。。。。。

 

 

こんな辛い思い

辛い例を見てきたからこそ

 

 

円満離婚

 

 

なんて言うんですよ。。。

 

 

 

Please reload

​特集記事